Pa moeについて

お知らせ
救いの手
設立趣旨

設立趣旨と理念

 昨今、小中学生を中心にファッションモデルへの憧れを抱く子どもたちがSNSなどでモデルへの夢について情報発信する姿が多数見受けられますが、夢の実現に通じる具体的なアクションには至らず終わるケースがほとんどです。

 そのような中、子どもたちが夢を少しでも現実のものとしてイメージできるようにしたいと、私たちは2018年5月にキッズモデル保護者による支援団体を発足し、子どもたちの活動に対する広報支援や、ファッションショー主催者、芸能事務所などへの働きかけを実施し、少しずつ実経験の場を創出することに取り組んでいます。

 このような経験は、子どもたちに漠然とした「憧れ」だったものを、「将来の夢」とできるきっかけにもなり得ると考えています。

 現在、サークルとしての活動で得たノウハウや経験を活かしつつ、子どもたちが身に付けたモデルとしての情報発信力を、児童虐待や高齢者の孤立といった社会問題解決にも役立てたいと考え、NPO法に基づく法人格取得と、特定非営利活動法人Pa moeの設立を目指しています。


 NPO法人格の取得後は着実な活動資金増強をはかり、広く一般に子どもたちへの無償レッスンやファッションショー出演機会の安定的な提供や、高齢者施設や小児病棟への慰問活動などを通じ、子どもたちが夢を現実にできる社会の創造、高齢者と子どもたちの交流を基盤とした明るい社会の実現に向け、市民レベルでの貢献活動にも尽力してまいります。